与作の雑記帳

意識低い系ブログ 自分が好きなことを発信していきます‼︎ツイッターはこちらからhttps://twitter.com/yosakv

今年グランドスラムに回ってきた僕が思うテニス選手にサインをもらいやすくなる為の戦略5選‼︎

おはこんばちわ、与作です

今回は全仏オープン全英オープン、ツアーファイナルに行ってきた筆者が個人的に感じた、テニス選手からサインが貰えやすくなる方法を伝授したいと思います‼︎




その1 選手にはできるだけ近づけ‼︎

まぁ、これは普通のことですね、選手に近づいた方がサインはもらえます。これは当たり前ですね笑

その2 会場で売っている大きなボールは絶対に使っちゃダメ‼︎

試合会場に行ったら必ず売っているこういう大きいボール
結構周りの人も持っているので、流されて買っちゃう人もいると思いますが、あれはあんまりお勧めできません
というのも、あのボール全然リーチがないんですよ

選手にサインをしてもらおうにも、ブツが選手のもとに届かなければ意味がありませんし、選手もそこまで手を伸ばしてサインをしません

なので、リーチが短いボールがあまりお勧めしません

その3 会場でプログラムを買うべし‼︎

ボールにサインをを求めるくらいなら会場でプログラムに書いてもらう方がもらえる確率が上がると思います
これは見ていて思ったことなのですが、選手たちも帰る間際などにささっとサインをするのです
つまり、そんなサイン会のような綺麗に、丁寧に書くということは残念ながらありません

なので選手もサインをしやすいものに手当たり次第サインを書くのです

ボールに比べて、長さのリーチもあり、球体よりも書きやすいプログラムはサインを貰うのにうってつけと言えるわけです

またプログラムには主要選手の紹介をしているページなどがあるのでそのページを開いて選手に差し出すと誰からサインをもらったか分かるので、そこもまたオススメです‼︎

その4 最強のアイテムとは

ズバリテニスラケットです

グランドスラムの中でもラケットを持参をしてグリップ部分を選手に近づけてサインを書いてもらっている人をちらほら見かけました
選手としても恐らく、ボールやプログラムよりかは書きやすいので、サインをもらえる確率は少し上がるんじゃなですかね笑

ただし、かなり大きなデメリットが生じてしまいます

そう、ラケットにサインをもらうともう使えなくなっちゃいますよね

しかもそんなにポンポン買えるものじゃないですし、本当に好きな選手ならラケットにもらってもいいんじゃないでしょうか?笑


その5 ラケットが高くてもったいないと思う人への最終奥義

サインチャンスの時、周りのファンもボールなり、いろんな人がボールなり、プログラムなりを前に突き出します

そう、つまり自分がプログラムを出そうと、周りの人に埋もれてしまってスルーされてしまっては元も子もありません
そこで他の人よりも選手にアピールして気づいてもらう必要があります

そこで最強のアイテムがあります

そう、テニスウェアです

白目のテニスウェアや選手が着ているウェアを持って行き、そこに何か固いもの(プログラムでもいいです笑)仕込んで、それを選手の前に突き出すのです
あんまりテニスウェアを持って行ってそこにサインを求める人は少ないので、アインをそこに書いてもらう人はいないのでかなり目立つでしょう‼︎
僕はこの方法でワウリンカ、錦織圭、ゴフィン、チリッチ、ジュディマレー、のサインをもらうことができました‼︎



選手のサイン入りユニフォームってサッカーとかじゃよくあるけどテニスじゃあんまりないですよね
なので結構レアですよ笑

ただしデメリットとして、選手によるんですけど不器用な選手はウェアにサインする時になれてないからか失敗することもあります
布にサインすることなんてないですもんね笑

ただ器用な選手なら引っ張りながらサインしてくれて、普通のサイン色紙のようにい書いてくれますよ

錦織は残念ながら不器用な人でした


もし、テニス選手からサインが欲しければウェアを持っていくのがい僕のオススメです

では‼︎