与作の雑記帳

意識低い系ブログ 自分が好きなことを発信していきます‼︎ツイッターはこちらからhttps://twitter.com/yosakv

テニスのランキング制度について解説してみた




おはこんばちわ、与作です

先日アマゾンを徘徊していますと面白い物を見つけました

f:id:yosakv:20141201132325j:plain

f:id:yosakv:20141201132338j:plain
f:id:yosakv:20141201132357j:plain

いや、リアル星飛雄馬かよ!!

めっちゃ手首痛めそうで怖いですね笑
サーブを壁の穴に向けて打ったら、壁の向こうにある木に当たって、穴を通って手元に帰って来そうです(適当

さて、今年は錦織圭躍進フィーバーイヤーでしたね

世界ランキングが5位というわけでして、これがいかに凄いことかを勝手に解説したいと思います


まずはランキング制度なのですが、この話を進めると共に、フェデラー選手の凄さを目の当たりにすることになります(彼は人外レベルで化物なのです

まず、フェデラー選手は237週間、つまり四年半もの間世界ランキング一位に君臨していました

絶対この事を覚えていてくださいね!



はい、では世界ランキングとはどういう風に決まるのかざっくりと言いますと、大会に出てポイントを稼いで、ポイント多く持っている人がランキング上位になります

もちろん大きな大会に出れば貰えるポイントも多くなりますし、小さな大会だと貰えるポイントも少なくなります

  • マスターズ1000
  • ATPtour500
  • ATPtour250
  • チャレンジャー
  • フューチャー
ATPツアー(男子テニスのこと)はこの6つの規模の大きさで大会が運営されています

もちろん一番大きな大会が全豪、全英、全仏、全米のグランドスラムで一番下の大会がフューチャーズになります

グランドスラムは年間四大会、マスターズ1000は年間九大会行われております

プロテニスプレイヤーは世界中で行われているこの大会を転々としているわけですねー(だからATP"ツアー"なんですかね笑

では世界ランキングを上げるためには、毎週毎週大きな大会に出ればよりポイントを稼げるじゃないか!という声が聞こえて来そうですがそういうわけにはいかないのです。。。。

率直に言いますとポイントには有効期限がありまして、一年経つとリセットされてしまうんですねー


では、今年の記憶に新しい全米オープンを例に出してみましょう

2014年の全米オープン錦織圭選手は準優勝でしたので1200ポイントを得ることができ、相手のチリッチ選手は優勝したので2000ポイントを得ることができました

つまり、

だとします

そして、2015年の全米オープンで今度は錦織圭選手が優勝し、チリッチ選手が準優勝になると、持っているポイントに優勝の2000、準優勝の1200ポイント加わります

このままでは持っているポイントが同じで同着になってしまいそうですが、ここから2014年度のポイントを引きます。

すると。。。。

こういう風になりましてランクは上下するのです

つまり、いい結果を出すと来年はもっといい結果を出さないとランキングは絶対上がらないように、または維持出来ないようになっているのです

つまり錦織圭選手は全米オープンで準優勝しましたが、来年は全米オープンまでにどこかのグランドスラムで最低でも準優勝出来ないとランキングを上げるどころか、大幅にポイントを失ってしまう可能性が出てきます(ギャンブルみたいですね。。。。

また、フェデラー選手がどれだけ凄いかお分かりいただけましたでしょうか??

四年間近くもの間、ずっと彼はグランドスラム決勝に出て、ウィンブルドン全米オープンは5連覇を成し遂げ、他の大会でもほとんど優勝。。。。そのうち全仏ではナダルが5連覇しているので優勝回数は一度のみですが。。。。(何気にナダルも超すごい

このような結果を出さないと世界ランキング一位になることは難しいですし、維持することが一番難しいんですね。。。。

因みに、現在世界ランキング一位のジョコビッチ世界ランキング5位の錦織圭選手の二倍以上ポイントを持っています

このポイント差をどう埋めるかが来年の錦織圭選手の見所では無いでしょうか??

日本人が世界ランキング一位なる日を夢見ています。

与作